FC2ブログ

九工大衛星開発プロジェクトBlog

北九州から宇宙を目指す学生たちのBlog。2009年の大学創立100周年を記念した超小型衛星『鳳龍』を開発中!

熱真空試験用構体組上げ!

こんばんわ、姿勢制御、地上局担当ミッチェルです!


さぁ明後日から熱真空試験ということで
ハーネス(衛星内の配線)を昨日終わらせました!
ハーネスは振動衝撃に耐えられるようきれいにがっちり配線することと
高電圧になる線、信号線などが混ざらないようにすることなどを考えながら行っていきました。
110702_010623.jpg

今回は2回目ということもあって順調でした。
そしてあの地道な作業が結構好きだったりします←
ちょっと凝りだしたら完璧にしたくなるw

振動・衝撃試験前はもっと完璧にしなくては!!



地上局側としても準備をしています。
この前試験で通信機が低温環境下の時デコードができなくなるという問題が明らかになったので
その対策として地上局側の無線機からの出力を調節するための回路を作成しました。


そして、これがそのデコードができるようになる機器

110702_004337.jpg

デコード出来ーるちゃん(略称:DDC)
です!
岩井氏に発注依頼を出したのでドヤ顔の岩井氏とともにのせてますw

このDDCで無線機からの信号を1~1/10まで調節可能!
さらに信号を2本に分岐するオーディオハブ機能も搭載!
製作日数3時間!

これは最後まで愛用することになるのでしっかり作ってもらいました。
これさえあれば地上局は準備万端です!
明日デコードチェックしよう!


ではではブログをみてくださるすべての方に感謝!

@沖縄

さて、まっつんが何か福岡から言っていますが
沖縄から地上局担当ミッチェルです。


まずは報告から!

やっっっとのことで終わりました、通信系トラブルシューティング!
すさまじい時間と労力を費やしてしまいましたが・・・w
これであの恒温槽のカッコンカッコンの音を聞かずに済みますw


それでよけさんからも報告がありましたが地上局の説明を少し補足

まず地上局でしたことは音声レベルの調節です。

無線機から出てる音声レベルが大きすぎて、音声波形が飽和していたので
分圧してレベルを下げてあげることで調節を行いました。


結果画像ー
図1


調節後!
無題


音的にもとっても綺麗!
デコードも綺麗に出来ました!

いや西無線さんのおかげです!
神戸からわざわざ来ていただき本当にありがとうございました!
とても参考になりました!




よしっ私は今週は学会の発表がんばります!

ではっっ!

FMに向かって

久しぶりです。ミッチェルです
美しいかった連休も
子どもの日とともに終わりを告げてしまいました。
よしっ、こっからは一気にFMまで突っ走っていこう!


FMに移行するとともに地上局側としても
準備をしていかなくてはなりません

さて、何をすればいいか
九工大では初めての試みのため
右も左もわからない状況ですが
周りの人に救われつつ
一歩ずつ進んでいきたいと思います!
どうかご教授お願いいたします!


あっ、とりあえず新メンバーはアマチュア無線免許とってねw

まぁまずは自分のやるべき事を終わらせます。
あー英語わかんないーw


ではでは、鳳龍を応援してくださる人に感謝です!

れいヌヌmiss→LN2

よけさんのブログ更新率を抜くため更新率アップ期間中、ミッチェルです


新学期になり修士1年は授業が入ってきました
昨日の授業途中で記憶がないのは熱真空サイクル試験のせいに違いない←



最近は試験だらけでー不具合だらけー

まぁ不具合が起こるってことは
その試験で得られることがあったということでいいことなのでしょう
むしろ不具合が起こらない方が心配だったりする
問題が起こるなら今のうちにすべて起こってほしいなー


話は変わりますが、年度が変わったということで新B4が参戦しています
岩井氏のおかけで学部生も結構見学やメールが来ているようで

メンバーが増えることはいいことだ!
鳳龍プロジェクトは随時メンバー募集中です!
興味のある方はご一報をしていただければ見学対応などの機会を設けます!



おそらくそのうちブログで新メンバーの自己紹介があるでしょう
ん?あれ?岩井氏4/6更新出来てないから更新よろしくーw



ではっ!

電池熱サイクル試験

今から寝る人はおやすみなさい
今起きた人はおはようございます
春眠暁を覚えずなんてどこ吹く風
現在午前5時ミッチェルです


熱真空サイクル試験も終わり、続けて電池熱サイクル試験中です

二日連続で深夜番です



昨日、あまりの寒さ(試験中は液体窒素を使っているため窓、ドア全開)に耐えかね
家からスティッ○柄の毛布を取ってきたのですが
その毛布をマントのようにして実験室に戻っていると
大学内の守衛さんから感じる熱い視線・・・
不審者じゃないです、はい。

そんな職務質問ぎりぎりの行動をしながら試験をした熱サイクル試験の結果


不具合は結局FMのdownlinkデコードだけ
不具合内容はデコードされたデータが文字化けしていてCRCチェックを通らない
passall onにすればデータは一応出来てるのですが、それも温度が下がり過ぎると
文字すら出なくなります

今のとこ限界値は通信基盤2℃、通信機5℃以下です
冷蔵庫に入れたらデコードできない温度範囲ー


原因は取り出してコンポーネントで試験し特定するしか方法がありません
すぐ原因見つかってくれればいいですが…
といいますか、どんな理由でデコードできないのかがわからない
とりあえず温度範囲のシビアな発振子を変えてみます



電池熱サイクル試験は順調のようで何もすることがありませんw
まっつんと二人で作業中ー
まっつんミスw
まっつんみす


あー酸素がうすいーーー



ではでは、鳳龍を応援してくださる人に感謝!!