九工大衛星開発プロジェクトBlog

北九州から宇宙を目指す学生たちのBlog。2009年の大学創立100周年を記念した超小型衛星『鳳龍』を開発中!

熱真空センサ試験

先日、熱真空チャンバーを使って、各センサの熱真空試験を行いました。
今回は主に低温時にセンサがちゃんと動作するのかを確認しました。

温度は下はー50℃、上は80℃付近まで上昇させてみました。
結果としては温度センサはちゃんと動いてたけど、
電流・ジャイロは・・・・ほとんど使えない感じで・・・
電圧センサもちょっとへんな感じでした。

温度でセンサデータがこんなに変動するとは・・・考えが甘かったです。
温度で対抗値が下がっているのが原因なのかな?
今回の試験では何が原因で変な結果になったのかよくわかんなかったので、
また試験しないと・・・

あと真空でアンテナ展開試験を行いました。
打ち上げて比較的すぐにアンテナ展開する予定なのでそこまで低い温度にはならないだろうと考え、
今回はバッテリ温度が0℃の時にアンテナ展開させました。
無事にアンテナ展開してくれました。
アンテナ展開時のバッテリ温度上昇も確認できたので成功ではないでしょうか。

アンテナ展開

緑のテグスが切れてます。
何回か似たような試験を続けて、バッテリ温度が何度のときアンテナ展開が出来なくなるか確認する必要があります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kitsat.blog80.fc2.com/tb.php/48-fd7e9d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad