九工大衛星開発プロジェクトBlog

北九州から宇宙を目指す学生たちのBlog。2009年の大学創立100周年を記念した超小型衛星『鳳龍』を開発中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FPGAをやってみた。

今日はFPGAをやってみました!

九工大で製作している鳳龍弐号のOBCは2つのH8マイコンで、
カメラや300V系、デブリ系、通信系で用いられているのはPICマイコンです。

今まで研究室でH8やPIC以外のマイコンを使用するということはなく、
使用する必要もありませんでしたが、

FPGAには様々な利点があるため、超小型衛星のOBCのトレンドとなっています。
自分としては並列処理できるために、H8やPICのように処理する順番をあまり考える
必要がないため、プログラムが簡単になり開発期間も短くなるんじゃなかと。。。
(実際やったことないので、やってみるまでわかりませんがwww)
あと、OBCの標準設計化にも適してると思います。
ハードウェアの変更があってもソフトウェアでなんとかできるので。
他にもリコンフィギュレーションができるとか・・・
軌道上で高度な解析をしたいときとか・・・主に姿勢制御系。
ただし、放射線耐性はPICの方がいいので軌道上で実証されているPICでFPGAを
常に管理するようなコンフィグレーションにしないといけないですね。

というわけでFPGAの開発をしてみよかとw
超小型衛星を開発している他大学機械系の方々がFPGAをやってるのに、
電気系の研究室がFPGAできないっていうのも格好悪いですしねwww

今日は開発環境を整えて、ちょっとしたプログラムをするというとこまでやってみました。

使用した教材は、Spartan-3Aを使用しました。
お値段は少し高めです・・・

参考にしたWebページは
「趣味のスパルタン」http://www.geocities.jp/sun_solaris_7/
「FPGA Spartan-3A スターターキットであそぶ - 言語ゲーム」http://d.hatena.ne.jp/propella/20080525/p1
です。

全く同じ状態にならないので、少し苦労はしましたがなんとか今日1日でできましたwww
特に、ISE Webpackのライセンスのとこがw
メールにライセンスが添付されているのに30分ぐらい気付かず、
どこにあるんじゃぼけーーwwっていってましたwww

で、できたのが↓これですw
ただLEDを点灯させるだけwww
何事もまずはLED点灯ですよねw
電源を落としたらプログラムが消えるバージョンと消えないバージョンの
2通りやってみましたが、どちらともうまくいきました。

FPGA


今はこんな感じでしょぼいですが、次はもっと成長した姿をお見せできればとwww
できなかったらごめんなさいwww


では。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kitsat.blog80.fc2.com/tb.php/210-d93f9036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。