九工大衛星開発プロジェクトBlog

北九州から宇宙を目指す学生たちのBlog。2009年の大学創立100周年を記念した超小型衛星『鳳龍』を開発中!

GSNワークショップ

こんばんわ、自由さとテンションに定評のある鳳龍ブログからミッチェルです。


先日GSNのワークショップに参加させていただきました。
何の知識のない私には役立つことばかりですごくためになりました!

そしてブレストでは今年度打ち上げになる鳳龍について触れてくださり
今後のGSN受信協力の形のモデルケースとして使っていただけることになりました!!

おお!なんと頼もしい!!!!
九工大が受信できなくても安心だ←


これは九工大地上局としてもきちんと準備をしていかなくては。。。
データサーバ構築とその解析プログラムの作成をしていきます。

また、12月のUNISECワークショップで受信模擬試験をしていこうかと思います。
自局のTNCでデコードをしてみたい方はTNCさえ用意していただければ
対応させていただきます。

他にもワークショップの際に要望等があれば容赦なくお申し付けください。

よし!これからはベリカード集めに没頭します!


ではでは、鳳龍を支援してくださる方々に感謝!
スポンサーサイト

コメント

TNCについて

こんにちは、新潟の佐藤といいます。
いつもBlog拝見しております。
早く鳳龍が打ち上げられる事を楽しみにしております。
さて、TNCの件ですが受信のみを考えた場合のデコード率を考えますと、ハードTNCよりソフトTNCのほうがUPします。
一度検討ください。
ソフトTNCについては、音があれば何処でもデコードできます。
時折この件については、Blogに書いていますので、一度見てください。
追伸:鳳龍PVでの1200baudの音をデコードできるかやってみましたが、レベルが少し低くてできませんでした。
できたら単独でPVの音をのせていただければ幸いです。

Re: TNCについて

>>佐藤さん
コメントありがとうございます!

ブログ拝見させていただきました。
TNCですが、CWに関して言えば現在ソフトTNCとハードTNCの並列でデコードをしています。
デコード率はハードの方が若干良くなっています。

佐藤さんはどのようなソフトTNCをお使いでしょうか?参考にさせていただきたいので、宜しければご教授願います。

鳳龍PVは一号のものでしょうか?
今度こちらのブログに鳳龍2号のFM音とCW音を上げようと思いますのでよろしくお願いします。

  • 2011/07/28(木) 09:52:52 |
  • URL |
  • 九工大衛星開発プロジェクト #-
  • [ 編集 ]

返事遅くなりました。
softはご存知かと思いますが、「MixW2」を使用してます。
soft-TNCから「つな」「KissTerm」等へは、vspMgr又はマルチポートでBin/Kiss等を取得。
JA以外の衛星はほとんどkissFileでデコード解析してますので、「kissTerm」を使用する回数が多いですね。
その他のsoft-TNCでは、時折遊びで「Agwpe」+vspMgrでKissFileを取得することもあります。
※もうじきですね。最後の踏ん張りどころかな、がんばってください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kitsat.blog80.fc2.com/tb.php/181-eba9bf7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad