九工大衛星開発プロジェクトBlog

北九州から宇宙を目指す学生たちのBlog。2009年の大学創立100周年を記念した超小型衛星『鳳龍』を開発中!

放電試験オワタ!w・・・FM移行宣言!

ついに・・・ついに・・・ついに・・・

300V系の最大の難関である放電試験を無事突破することができました!www

やっほーーいwww

思えば1ヶ月ちょっと前から放電予備試験を始めて・・・

放電検出回路が駄目じゃんって事になって・・・

再設計と実験の永久ループにはまって・・・

あーーーーー!

やっとですw

やっとFMに移行できますw

世間はGWだというのにwww

ホントのこというと3日間ぐらい鳳龍も就活も全くしないで遊ぶ日々を過ごしたんですが・・・

いや・・・リラックス重要!!www

これがあったからこそのFM移行宣言やw

うん・・・そう思うことにしよwww

さぼってたわけじゃないよw

放電試験②

以下、放電試験の結果!

まずはーー

真空、プラズマ環境で300V系のコンポーネント及びバス系が正常に動作することを確認しました。

これは難なくクリア!

まー放電環境にすらなってないのに動かなけりゃ詰みっすねwww

はいつぎーー

つぎは真空チャンバー外部から直流電源で300Vを入力し放電環境をつくっての試験!

これが放電試験!

最初の方は300V系のもバス系も正常に動作していました・・・

放電検出回路も放電が起こるたびに反応してくれてテンションあがりましたねww

しかし、大きめの放電が発生すると

300V系のPICが死亡なさりましたw・・・電源を入れ直せば正常動作しますが・・・

でもバス系統はずーーっと正常動作をしていたので問題ないでしょう・・・

・・・

くやしいーー

やっぱりくやしかったので自力で復帰できる工夫をすることにしました。

PICのWDTという機能を使用しました。

これは暴走を検知したらPICの電源を入れ直してくれる機能です。

PICのメインで動いている部分とは別の部分で動いているはずだ!と思っていたので
復帰できるんじゃね?と思いながら実装してみましたw

できなくても、まーえーわ!ってな感じで思っていたのですが

放電でPICが死亡なさったあと、すぐに復帰してくれましたw

やっほーーいw

最後!

つぎは300V発電太陽電池を使用しての放電試験!写真のやつです!

これもう簡単にクリアw

放電によって太陽電池が劣化することもなく無事終了しましたw


・・・というわけで、300V系はFM移行を宣言しますw

まだFM移行できていない系があるのでFM設計をしながらバックアップに回ります。

特に通信系はFM送信機が5℃以下でデコード率がわるくなるってことが熱試験でわかったので
その原因究明をしなければなりません。

バス系の基板には全く問題はなくて送信機自体が温度によってわるくなっちゃうので・・・

送信機わからんーーー

どーーしよーー・・・

まっ・・・色々がんばってみます!


あとFM移行宣言と同時に就活本気モード宣言もしますw

やっとw

就活しなさすぎてやばいので・・・

就活不安すぎるんですけど・・・泣

でも、がんばりますwww

では。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kitsat.blog80.fc2.com/tb.php/151-3abe7c67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad